入れ歯治療

自分に合った入れ歯を選びましょう

失ってしまった歯の機能を補う治療法で、もっともポピュラーなのが入れ歯治療です。入れ歯にはさまざまな種類があります。大阪府柏原市歯医者「岡本歯科医院」では、ライフスタイルやご要望に合った入れ歯をご提供しています。どの入れ歯が患者様に適しているかは、お口の状態やライフスタイルにより異なりますので、「入れ歯が合わない」「うまく噛めない」などお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

保険診療と自費診療の入れ歯の違い

入れ歯には大きく分けて保険診療と自費診療の入れ歯があります。この2種類の大きな違いは、保険診療の入れ歯は作製方法も使用素材もかぎられているのに対し、自費診療の入れ歯はさまざまな素材や製法から選択できる点です。

  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
素材 レジン(歯科用プラスチック)が素材です。部分入れ歯では金属のバネがつきます。 素材を自由に選べます。
食感 ある程度の大きさと厚みがあるので食べ物の温度が伝わりにくく、味覚を楽しむことがあまりできません。 素材の温度が伝わりやすい素材や、噛みやすい素材を選ぶことができます。
装着感 ある程度の大きさがあるので装着感はあまりよくありません。 装着感にこだわることも見た目にこだわることも可能です。
費用 費用が一部負担なので比較的安価です。 全額自己負担なので比較的高額です。
自費入れ歯の例
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー
バネ(クラスプ)を使用しない部分入れ歯です。素材に弾力のある特殊な樹脂を使用するので、フィット感があります。バネを使用しないので目立たず、見た目が自然なうえ、まわりの歯に負担をかけません。
ロケーター
ロケーター
2本のインプラントで入れ歯を支える方法です。高い耐久性で通常の入れ歯よりもしっかりと固定されるため噛みやすく、「ずれにくい・はずれにくい」のが特徴です。取り外しが可能でお手入れがしやすく、清潔さを保ちやすい構造になっています。
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー
残っている歯の歯根またはインプラントなどに磁性金属を装着し、入れ歯には磁石を設置して磁力で固定する入れ歯です。バネがないのでお口の中で目立たず、しっかり固定するうえ、残っている歯に大きな負担をかけません。
金属入れ歯
金属入れ歯

入れ歯の床部分を金属で作製した入れ歯です。耐久性に優れ、しっかり噛むことができます。また温度が伝わりやすいので、食べ物の味覚を楽しむことができます。

金属床義歯では金属の種類によって特性が異なります。もっともスタンダードなのはコバルトクロム床です。あらゆる症例に対応可能です。