虫歯治療・小児歯科

「歯がしみる・痛む」――それは虫歯のサインかもしれません

「冷たい物を口にすると歯にしみる」「食べると歯が痛む」――これは代表的な虫歯の症状です。ちょっとした刺激に敏感になる「知覚過敏」の可能性もありますが、どちらにしても早期発見・早期治療が大切です。お口に違和感を覚えたら、できるだけ早く大阪府柏原市の歯医者「岡本歯科医院」にご相談ください。こちらでは虫歯治療とともに、子供の歯を守る小児歯科や通院が困難な方のための訪問歯科についてもご案内します。

虫歯治療について

虫歯は、お口の中の虫歯菌が食べかすに含まれる糖分を分解することで、プラーク(歯垢)を形成して歯に付着。そこで酸を出して歯を溶かしていく病気です。放っておけば、どんどん進行してしまうのが特徴です。

虫歯の進行段階と治療
進行段階 症状 おもな治療法

CO
ごく初期の虫歯

C0 ごく初期の虫歯

歯の表面にあるエナメル質が溶け始め、白く濁って見える「脱灰」ともいわれる状態です
  • 汚れを落とすためのブラッシング指導を行います
  • 再石灰化を促すためのフッ素塗布をします

C1
エナメル質の虫歯

C1 エナメル質の虫歯

エナメル質がさらに溶かされ黒ずんで見える状態です。冷たい物がしみることがあります
  • 虫歯部分を削りレジン(歯科用プラスチック)を詰めます

C2
象牙質の虫歯

C2 象牙質の虫歯

エナメル質の内側の象牙質にまで進行した状態。冷たい物や甘い物がしみる、そしてときどき痛みます
  • 虫歯部分を削りインレー(詰め物)で補います

C3
神経に達した虫歯

C3 神経に達した虫歯

神経にまで達した虫歯。何もしなくてもズキズキ激しく痛みます
  • 歯の神経の根管治療を行い、クラウン(被せ物)で補います

C4
歯根に達した虫歯

C4 歯根に達した虫歯

神経が死んでしまうので痛みはいったんなくなりますが、歯根部の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます
虫歯の早期発見のために
虫歯は小さなうちに発見できれば治療も比較的かんたんです。早期発見・早期治療につなげるため、当院では「ダイアグノデントペン」を採用しています。これはレーザー式の虫歯検出機で、肉眼では見逃しにくい小さな虫歯も発見可能です。
虫歯の早期発見のために

小児歯科

小児歯科

子供の歯である乳歯は、やわらかく抵抗力も弱いので虫歯になりやすく、そのうえ進行も早い特徴があります。できれば、お子様には虫歯のダメージを経験させたくありません。虫歯の予防処置をおすすめするのはそのためです。お子様の歯を守るため、予防処置や治療を行うのが小児歯科です。

子供のころからの予防の習慣づけが大切です

子供のころからの予防の習慣づけが大切です

虫歯を予防すれば、虫歯の痛みも治療の痛みも経験せずに済みます。歯科医院での予防処置は痛みをともなわないので、小さなころから定期的に歯医者に通い予防処置をすれば、歯の健康維持につながります。虫歯は生活習慣病です。毎日の食生活や生活習慣でのちょっとした意識改革が虫歯予防につながります。当院ではブラッシング指導や生活習慣指導も行っていますので、詳しくはお気軽にご相談ください。

お子様の歯並びは大丈夫?

お子様の歯並びは大丈夫?

歯並びが乱れていると、歯の自浄作用がはたらきにくいうえ、ブラッシングでも汚れを残してしまいがち。その結果、虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。乳歯から永久歯への生え替わりをスムーズにするためにも、将来的にきれいな歯並びに導くためにも「咬合誘導(こうごうゆうどう)」をおすすめします。お子様の歯並びに不安がありましたら、お早めにご相談ください。

子供の矯正も行っています

子供の矯正も行っています

歯並びを整えるためには、歯がきれいに並ぶ顎のスペースが必要です。成長過程の子供の場合、顎のバランスを整え、成長を利用して顎のスペースを広げることができるので、将来的に抜歯などをせずに、比較的楽に歯並びを整えることができます。矯正治療を開始するのに適している時期は、お口の状態により異なりますので一度ご相談ください。

子供の矯正治療のメリット
1.永久歯をの抜歯の可能性を減らすことができます

小児矯正では、奥歯を後ろに下げたり、狭い顎の幅を拡げたりすることによって、すべての永久歯が正しく生えそろうスペースを作ることができます。そうすることで、将来的に永久歯を抜歯する可能性を減らすことができるのです。

2.顎の成長を利用し、骨格のずれから改善できます

出っ歯や受け口の場合は、歯の位置だけではなく上顎と下顎の位置がずれていることもあります。顎の成長を利用した矯正治療を行うことで、骨格のずれを改善することができます。

3.虫歯になるリスクを下げることができます

歯並びが整うと歯磨きがしやすくなるため、口腔内を清潔に保てるようになり、虫歯のリスクが減少します。

4.大人の矯正治療の期間を短くできます

この時期に顎の骨のずれや歯並びの乱れを治療しておくことで、大人になって矯正治療が必要になった場合に、治療期間が短くすみます。

訪問歯科について

訪問歯科について

歯の健康維持は、お口まわりだけでなく全身の健康にもつながります。しかし身体が不自由なため・ご高齢のため・施設に入所中のためなど、さまざまな理由により通院が困難な方もいらっしゃいます。その方のために、歯科医師と歯科衛生士が患者様のご自宅や介護施設にお伺いし、診療を行うのが「訪問歯科」です。お口のケアや、歯周病の治療、入れ歯の作製・調整などに対応していますので、お気軽にご相談ください。

訪問診療の流れ
【1】ご予約
お電話(072-972-0106)またはメールフォームにてお問い合わせください。お口の状態だけでなく健康状態などもお伺いし、必要に応じて担当医師やケアマネージャー、看護師などと情報交換や事前の打ち合わせを行います。そして訪問日時を決定します。
【2】訪問・診察
歯科医師と歯科衛生士がご自宅や介護施設など、ご希望の場所に伺います。患者様やご家族の方などにお口の状態をお聞きしたうえで、お口の中を診察します。
【3】治療計画の立案・ご説明
診察内容をもとに、患者様に合った治療計画を立案します。そして患者様やご家族の方に分かりやすく丁寧にご説明します。
【4】治療開始
治療計画にご納得いただけましたら、治療の開始です。訪問診療では、出張費や交通費を頂戴することはありません。ご通院の際の治療費と同じですのでご安心ください。
【5】アフターケア
お口のトラブルは再発しやすい病気です。治療が完了しましたらアフターケアについてご説明します。大切な歯を守るために定期検診(メインテナンス)を受けることをおすすめします。