インプラント治療

しっかり噛めるインプラント治療について

歯を失うと見た目が不自然になり、咀嚼や会話もうまくできなくなります。入れ歯治療でも歯の機能を補うことは可能ですが、「もっと自分の歯に近い感覚が欲しい」という方には、インプラント治療がおすすめです。大阪府柏原市の歯医者「岡本歯科医院」では、さまざまな優れた最新技術や設備を整えて、安心で安全なインプラント治療をご提供しています。まずはお気軽にご相談ください。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

失ってしまった歯の部位の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯や特殊な入れ歯などを装着して、歯の機能を補うのがインプラント治療です。インプラント体は生体親和性が高いチタン製で、顎の骨の中に定着しやすい形状や表面加工をしているので、しっかり安定します。そのため、自分の歯で噛んでいるような自然な感覚を取り戻すことができます。見た目も自然に仕上げることができるので、気づかれにくいのも大きなメリットです。

当院では専修医の資格を持った経験豊富なドクターが治療を行います

インプラント治療とは

日本口腔インプラント学会など、様々な資格を持ったドクターが治療を行いますので、安心してインプラント治療をお受けいただけます。また、治療に対してのご要望や不安に思われていることなどもお話ししていただき、一人一人のお口の状態やご要望に合わせた治療を行います。

より安全に治療をするために
CT撮影で確実な診査・診断
インプラント治療は外科手術をともなう治療です。顎の骨に穴をあけ、そこにインプラントを埋め込むので、その位置や方向が適切でなければ安全な治療はできません。より確実な診査・診断を行うため、当院では、歯科用CTを活用して、骨の断面や骨量、神経や血管の位置などを正確に把握して治療計画を立てています。
CT撮影で確実な診査・診断
サージカルガイドによる精密な治療
サージカルガイドとは、インプラントの埋入手術の際に使用するドリルガイドです。歯科用CTを活用して決定したインプラントの位置や方向を再現するため、手術時に歯ぐきにはめて計画通りにインプラントを埋入できます。サージカルガイドを活用することにより、安全で確実な手術を短時間で行うことができます。
サージカルガイドによる精密な治療
骨が足りないといわれた方へ(骨造成について)

インプラント治療では顎の骨に人工歯根を埋入するので、十分な骨の量が必要です。もし骨の厚みが薄かったり、幅が少なかったり、十分な骨の量が足りない場合は、まず骨造成処置を行って骨の量を確保します。骨の量が足りなく、他院でインプラント治療を断られてしまった方でも、治療が可能かもしれません。ぜひご相談ください。

GBR法

GBR法

顎の骨の高さや厚みが不足している場合に用いる骨造成法です。骨が不足している部位に粉砕した自家骨(自分の骨の一部)または、骨補填材を入れ、特殊な人工膜を設置して骨の再生を促進させます。4~6カ月程度で骨の量が増えるので、インプラント治療が可能になります。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の奥の骨が足りない場合に行う骨造成処置です。歯ぐきの側方から切開し、骨補填材や自家骨を注入して骨の造成を待つ方法です。

ソケットリフト

ソケットリフト

上顎の奥にインプラントを埋入する際、骨の量が足りないときに行う骨造成処置です。インプラントを埋入する部位から、骨補填材を注入し、それと同時にインプラント体を埋め込みます。そして骨が造成し、インプラントが安定するのを待ちます。

身体への負担を軽減する~インプラントオーバーデンチャー~ 

身体への負担を軽減する~インプラントオーバーデンチャー~ 

インプラントと義歯を併用するのがインプラントオーバーデンチャーです。数本のインプラントを埋入し、その上に義歯を装着します。義歯を固定させるためのアタッチメントをつけるので、固定装置が見えにくく、より自然な見た目のデンチャーになります。

通常の入れ歯よりも固定力が高いのでしっかり噛めます。取り外しが可能なので、お手入れも簡単。多くの歯を失っている場合は、被せ物をするよりもインプラント体の本数を減らすことができるので、身体への負担も少なく、費用を抑えての治療が可能です。

一部損傷した歯の差し替え~抜歯即時インプラント~

通常は抜歯をしたあと、顎の骨や歯肉の治癒を待ってからインプラント治療を行います。しかし「抜歯即時インプラント」では、抜歯した日にインプラントを埋入します。お口の状態によって「抜歯即時インプラント」の治療が可能な場合があります。ご相談ください。

インプラント症例紹介

当院では、歯科用CTを活用して安全性を高めたさまざまなインプラント治療を行っています。コンピュータシミュレーションによる精密治療も行っていますので、「歯を失った」「インプラント治療に興味がある」などの方はお気軽にご相談ください。

症例1:下顎右側の6番目の歯

症例1:下顎右側の6番目の歯

症例2:上顎右側2番~5番目の歯

症例2:上顎右側2番~5番目の歯

症例3:インプラントオーバーデンチャー
(下の顎に2本インプラントを埋入しアタッチメントを装着)

症例3:インプラントオーバーデンチャー(下の顎に2本インプラントを埋入しアタッチメントを装着)