親知らず・歯の移植

親知らずや歯の移植も対応いたします

「口腔」とはお口の中やまわりのこと。「歯科口腔外科」とは、歯や歯ぐきだけでなく舌や頬の粘膜、顎関節や顎の骨などの治療で外科的処置をする歯科診療科目です。たとえば、「口内炎が痛い」「顎に違和感がある」「舌にできものができた」――これらの症状は歯科口腔外科のある医院で治療可能です。

大阪府柏原市の歯医者「岡本歯科医院」では、口腔外科も行っています。歯ぐきの切開などを含めた外科的処置により、さまざまな症状の緩和や失われた機能の回復ができますので、気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずは、永久歯が生えそろってしばらくしてから奥歯の奥に生えてくる歯です。現代人は顎が小さくなる傾向があるので、親知らずがまっすぐに生えず、斜めに生えたり、埋まったままだったりすることがあります。すると歯ぐきに炎症を起こしたり、まわりの歯を押して歯列を乱してしまうことがあります。

まわりの歯に影響を与えていたり、虫歯や歯周病のリスクが高かったり、痛みをともなう親知らずは抜歯されることがほとんどです。当院では親知らずの抜歯にも対応しています。

精密に診断を行い、安全な抜歯を行います

下顎骨には様々な神経があるため、抜歯の際に傷つけてしまうと知覚異常が出てしまう子可能性があります。当院では歯科用CTを完備しており、治療前には必ず精密な診断を行っています。親知らずにおいても歯根の形状や曲がり方など詳しく診断し、確実で安全な抜歯を行いますので、ご安心ください。

歯牙移植

歯牙移植

奥歯などが抜けてしまった場合、ほかの歯を移植することを「歯牙移植」といいます。他人の歯を移植することもありますが、自分の歯を移植する方が、拒絶反応が起こりにくく安定しやすいので、自家歯牙移植を行うことがほとんどです。その場合は、親知らずまたは小臼歯が用いられます。親知らずを抜歯したその日に移植する場合、保険が適用する場合がありますので詳しくは当院にご相談ください。