歯周外科治療

歯周病――根本的に治療します

歯周病は歯ぐきの炎症から始まり、徐々に歯を支える組織や顎の骨が溶かされていきます。放っておくと、やがては支えを失った歯が抜け落ちてしまうかもしれない怖い病気です。歯周病が疑われる場合、歯周基本治療で歯のクリーニングを行い、スケーリングやルートプレーニングで付着しているプラーク(歯垢)や歯石を除去します。そしてブラッシング指導により、歯の汚れを落とすための毎日のセルフケアを行っていきます。大阪府柏原市の歯医者「岡本歯科医院」では、歯周病治療に力を入れています。

歯周外科治療とは

歯周基本治療後も、歯周病が改善しない部位がある場合には歯周外科治療を行います。これは歯根や歯を支える顎の骨の処置です。

歯周外科治療の目的
  • 歯周基本治療では除去しきれない、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)の奥深くのプラークや歯石を取り除く
  • 深い歯周ポケットを浅くする
  • 歯を支える顎の骨の形を整え、汚れがたまりにくくする
  • 下がってしまった歯ぐきを回復する
  • 不ぞろいな歯ぐきのラインを整える

包括的歯周病治療を実践しています

包括的歯周病治療を実践しています

歯周病は再発しやすい病気です。そもそも歯周病にかかるのには理由があります。たとえば、噛み合わせが悪くて強く当たる部分があると、そこに負荷がかかり歯周病にかかりやすくなったり悪化させてしまったりします。ブラッシングのクセがあり、汚れがたまりやすい部位がある、生活が不規則で免疫力が低下しがち、糖尿病などの全身疾患があるなど、歯周病に関連する可能性がある要因はさまざまです。

一部分の歯周病治療を行っても原因を改善しないかぎり、また再発しやすいのはそのためです。私たちは病気の原因を追究し、総合的な見地から治療を進めていきます。

治療法について
フラップ手術

フラップ手術

麻酔後、歯肉を切開して歯根部位を露出させて感染部位や歯石を目視しながら除去します。フラップ手術は歯周炎の外科的治療法で、時間は1時間程度が目安です。歯周病菌に感染した部位をしっかり取り除き、歯肉を縫合して歯周病の進行を抑えます。

再生療法

再生療法

歯周病の進行により歯を支える顎の骨が溶かされていきます。病気の進行を抑え、歯を支える顎の骨の再生を促すのが再生療法です。再生療法には「エムドゲイン」「GTR法」などがあります。歯周病の感染部位を除去したあと、「エムドゲインゲル」を注入する、または「メンブレン」という特殊な生体膜を挿入して、歯周組織の再生を促します。

PDT治療

PDT治療

PDT(Photo Dynamic Therapy:光線力学療法)は薬剤を使用せず、光を使用する除菌システム。光を使用するので痛みをともなわず、手軽に行える処置方法です。

歯周病症例紹介

当院ではできるだけ患者様に負担が少なく、痛みを抑えた治療法をご提供します。歯周病の原因を見極めた、根本的な治療を行っていますので、歯周病でお悩みの方はお気軽にご相談ください。こちらでは歯周病の治療症例をご紹介します。

症例1:再生療法

症例1:再生療法

症例2:残根挺出(ざんこんていしゅつ)

歯ぐきの奥に残っている歯根を引き出し、支台にして被せ物を装着して歯の機能を回復しました。

症例2:残根挺出(ざんこんていしゅつ)

症例3:歯周病をともなった前歯部の治療

歯周病により歯ぐきが下がり歯根部が露出していましたが、健康的な歯ぐきに回復しました。

症例3:歯周病をともなった前歯部の治療