定期検診・メインテナンス

定期検診で病気にならないようにしましょう

「歯医者さんは歯が痛くなってから通う場所」――これまでの歯科医院のイメージは、“治療”に行くところでした。しかし今では、「虫歯や歯周病にならないように行くところ」という“予防”の考え方が定着してきました。定期検診やメインテナンスで、大切な歯が病気にならないように心がけましょう。大阪府柏原市の歯科医院「岡本歯科医院」では、定期検診・メインテナンスに力を入れています。

定期検診・メインテナンスはなぜ大切なのか

定期検診・メインテナンスはなぜ大切なのか

お口のトラブルの代表である虫歯や歯周病は、メカニズムが分かっているので予防が可能な病気です。大切なのはお口の汚れを落とすこと。それはお口のトラブルを引き起こす原因菌は、お口の中のプラーク(歯垢)や歯石に潜んでいるからです。汚れをためないために欠かせないのが、毎日のブラッシングによるセルフケアです。

しかし、どんなにきれいにブラッシングしているつもりでも、みがき方のクセがあったり、歯と歯の間や、溝の汚れは落としにくいもの。やがてその部位から病気が発症してしまいます。そこでおすすめなのが定期検診です。定期的にプロによるお口の中のチェックを受ければ、虫歯や歯周病を早期に発見でき、早期治療につながります。また定期検診やメインテナンスで歯のクリーニングを受ければ、毎日のセルフケアでは落としきれない汚れを落とすことができるので、予防にとても有効です。

セルフケアとプロフェッショナルケアでしっかりと虫歯を予防しましょう

虫歯や歯周病は再発しやすい病気です。治療が終わったらその健康な状態を維持するためにメインテナンスをすることが大切です。病気になってしまった要因を改善し、病気を再発させないように、これまで以上にお口の健康に注意しましょう。

そのための基本は毎日のセルフケア。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスを活用して、お口のすみずみまでしっかり汚れを落としましょう。しかし、どんなにしっかりブラッシングしているつもりでも、汚れが残ってしまうことがあります。そこでおすすめなのが定期検診です。口腔ケアのプロフェッショナルに、徹底的にお口の中をきれいにしてもらいましょう。

毎日のセルフケアと定期的なプロフェッショナルケアで、お口の健康を守り、いつまでも自分の歯で食事やおしゃべりを楽しんでください。

メインテナンスメニュー

定期検診

定期検診

歯のクリーニングを行い、プラークや歯石も除去し、お口の中の状態や虫歯や歯周病の有無などを念入りにチェックします。お口のトラブルの予防とともに早期発見・早期治療につながりますので、数カ月に一度の受診がおすすめです。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯の石灰化を促し、歯質の強化するはたらきが期待できます。お子様の虫歯予防にもフッ素は有効なので、定期的な塗布をおすすめします。当院では定期検診の際にフッ素塗布を無料でご提供しています。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

口腔ケアのプロフェッショナルによる専用器具を使った歯のクリーニングのこと。毎日のブラッシングなどによるセルフケアでは落としきれないプラークや歯石を徹底的に除去し、仕上げになめらかにみがいて、汚れの再付着を防ぎます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯や歯周病予防の基本は毎日のブラッシングです。お口の状態は患者様一人ひとり異なりますので、効果的に汚れを落とすことができるようなブラッシング方法をアドバイスします。毎日のセルフケアに活かしてください。

シーラント

シーラント

奥歯の噛み合わせる面にある溝は、複雑な形状をしているので汚れがたまりやすい部位です。歯ブラシも届きにくく虫歯になりやすい溝を、あらかじめレジン(歯科用プラスチック)でふさぐ処置がシーラントです。生えたての永久歯(6歳臼歯)の虫歯予防にとくに効果を発揮します。

生活習慣指導

虫歯や歯周病の発症や進行は、生活習慣とも関連しています。食事の仕方や睡眠時間、喫煙の有無などをお伺いし、必要に応じて正しいセルフケアの仕方や虫歯になりにくい生活習慣についてアドバイスいたします。

食育

栄養のバランスを考え、よく噛んで食事をすることはお口まわりの健康だけでなく全身の健康にとても大切です。甘い物を控えたり、やわらかい物ばかりでなく歯ごたえのある物を食べるように心がけたりなど、お子様にも分かりやすくご説明します。