料金表ページ

保険と自費の違い・料金表について

歯科診療には、「保険がきくもの」「保険外のもの」の2種類があります。歯科治療を受ける際は、それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、自分に合った治療を受けるようにしましょう。こちらのページでは、保険と自費診療の違いについてのご説明と、大阪府柏原市の歯医者「岡本歯科医院」の料金をお知らせします。

保険診療と自費診療の違いについて

保険治療について

健康保険が適用するのが保険診療です。診療内容が決まっているので、全国どこの歯科医院でも同じ材料を使用した、同じような治療を受けられます。そのうえ、患者様の治療費の負担は1~3割ですので、比較的安価に治療を受けることができます。

保険診療のデメリットは、さまざまな制限があり治療にあまり時間がかけられません。また新しい素材や治療法は、保険診療では受けられません。費用を抑えて機能を回復するためには適していますが、見た目にこだわったり、素材を選んだり、装着感にこだわることは難しいでしょう。

自費治療について

保険診療には制限があるのに対し、自費診療にはさまざまな選択肢があります。自費診療の別名は保険外診療ですので、優れた最新素材や技術、設備を選ぶことができ、より見た目が自然で、より身体にやさしく、より快適に使用できる治療が受けられます。歯科医師側も制限なく治療時間をかけられます。デメリットとしては治療費があります。一部負担ではなく、全額を患者様が負担しなければなりません。

保険診療と自費診療、どちらがおすすめかは患者様のお口の状態により異なります。どちらの診療にもメリット・デメリットがありますので、その両方を踏まえたうえで、ご自分に合った方法を選ぶことが大切です。分からないことは丁寧にご説明しますので、お気軽にご相談ください。

料金表

診療科目 料金
   
   
   
   
   

医療費控除について

医療費控除とは、生計をともにするご家族で医療費の合計が1年間(1月1日~12月31日)に10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です(上限200万円まで)。申告し忘れても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができます。

八尾市や藤井寺市からもご来院いただいています大阪府柏原市の歯医者岡本歯科医院のご予約はこちらからどうぞ

医療費控除を実際に受けた例