歯周病治療

歯周病――放っておくと歯が抜けてしまいます

「歯ぐきが腫れ、炎症を起こしている」「歯ぐきから出血する」「歯がぐらつく」――それは歯周病のサインかもしれません。成人の約8割が歯周病またはその予備軍といわれているほどです。初期段階では自覚症状が現れず、気がついたときにはかなり進行していることも珍しくありません。歯周病治療は早期発見・早期治療が肝心です。お口に違和感を覚えたら、なるべく早く大阪府柏原市の歯医者「岡本歯科医院」にご相談ください。

歯周病とは

歯周病は大きく2種類に分けられます。歯を支えている歯ぐきなどの歯周組織だけに炎症が起きている段階を「歯肉炎」といい、そこからさらに進行し、歯を支える顎の骨が溶け出してしまった段階を「歯周炎」といいます。歯肉炎はプラーク(歯垢)や歯石を除去し、正しいブラッシングを行うことで改善しますが、歯周炎はさらに治療が必要です。放っておくと歯が抜け落ちてしまうことにもつながりますので、早期発見・早期治療が大切です。

歯周病による全身への悪影響

歯周病による全身への悪影響

歯周病はお口まわりだけの病気のように思われがちですが、さまざまな全身疾患とも関係しています。お口の中で歯周病菌が増えると、歯周病菌そのものや歯周病菌がつくり出す毒素が血液に入り込みやすくなるので、全身に広がり、病気の発症や悪化を促す可能性が高まります。たとえば、心疾患・脳血管障害・肺炎・糖尿病などに注意が必要です。また妊娠中の方が重篤な歯周病になってしまった場合、早産や低体重児出産のリスクが通常の7倍にもなるという報告がある程です。

歯周病の進行段階
進行段階 おもな症状

初期段階

初期段階

自覚症状はまだほとんど現れません。歯肉が赤く腫れ、ブラッシングの際に出血することがあります。歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)の深さは4mm以内で、歯肉炎の段階です。

第2段階

第2段階

歯肉だけでなく歯を支える顎の骨にまで歯周病菌の炎症が進んでしまった状態です。歯ぐきからの出血があり、歯がグラグラします。口臭も気になり出します。歯周ポケットの深さは4~6mm程度で、初期から中等度の歯周炎です。

第3段階

第3段階

歯周ポケットの深さが6mm以上となった重度の歯周炎です。歯肉が赤く腫れ、触ると痛みます。顎の骨がさらに溶けて歯が大きくグラつき、そのまま放置すると歯が抜け落ちてしまうことにつながります。
包括的歯周病治療を実践しています

歯周病の治療では、まず歯周基本治療を行います。歯周基本治療では、プラークや歯石の除去や歯のクリーニングの後に、正しいブラッシングを行い経過を観察します。一定期間が過ぎても歯周病の症状が改善しない場合に行うのが、歯周外科治療です。また歯並びや噛み合わせをチェックして、歯周病を引き起こす要因がないかを調べます。歯周病になってしまった原因を追究して改善をはかり、お口全体の健康を保ち、再発を防ぐことにつなげています。